犬の十戒

作者紹介

「犬の十戒」とは、戒めといったものではなく、ペットとして飼われることとなった犬と人間の望ましい関係を、犬が語りかけてくれるものです。愛犬家たちに支持され、日本でも「犬と私の10の約束」と映画にもなりました。犬の十戒は、ノルウェーのブリーダーさんが自分の犬の買い手に渡していた「犬からご主人への11のおねがい」がもとになっているそうですが、現在も多く知られている犬の十戒は作者不詳とされています。 

  1. 私の一生は10年から15年くらいしかありません。だからいつも一緒にいたいのです。
  2. あなたが私に何を望んでいるか理解するための時間を下さい。
  3. 私を信頼してください。それだけで私は幸せです。
  4. 私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めないでください。あなたには仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。でも私にはあなただけしかいないのです。
  5. 時には私に話しかけてください。たとえあなたの言葉はわからなくても、私に話しかけているあなたの声で理解しています。
  6. あなたが私のことをどんなふうに扱っているのか気づいてください。私は決して忘れません。
  7. 私を叩く前に思い出してください。私にはあなたの手の骨を簡単に噛み砕くことが出来る歯があることを。そしてあなたを噛まないだけだということを・・・
  8. 私のことを言う事を聞かない、頑固だ、怠け者だとしかる前に、私がそうなる原因をあなた自身考えてみてください。適切な食餌を上げなかったのでは?日中太陽が照り続けている外に長時間放置していたのかも?年をとるにつれて心臓が弱っていないだろうか?などと
  9. 私が年をとってもどうか世話をしてください。あなたも同じように年をとるのだから。
  10. 最後の旅立ちの時には、そばにいて見送ってください。「見ているのがつらいから」と「私のいないところで逝かせてあげて」なんて言わないでください。あなたがそばにいるだけで、私にはどんなことでも受け入れられます。どうか忘れないでください。私があなたを愛していることを・・・